鬼畜編の解説動画作りました。

主に
FPKしたい方
サルベ泥棒対策が知りたい方
向けの解説動画です。

ちなみにサルベ泥棒対策は下の記事で取り上げています。
参考にしてください。
ミッションでFPKer(サルベ泥棒)と遭遇した時の対象法【EVE ONLINE】

FPKのやり方のコツはこちらから

EveonlineでFPK(Flag Player Killer)のやり方と解説、コツなど その1

EveonlineでFPK(Flag Player Killer)のやり方と解説、コツなど その2

動画の反応次第では
動画消すかもしれない。
多少なりコメントあれば残すかも

youtube
【鬼畜編解説動画】サルベ泥棒ライフ【Eveonline】
ニコニコ動画
【鬼畜編解説動画】サルベ泥棒ライフ【EVE Online】

動画内で言ったことの補足ですが、
建前を考えて行動し、
その建前に反する行動はとらない。

これは例えば、
NPCの残骸の権利を放棄して
ミッション地を去った。
NPCは全滅している。
FPK目的になら
次の標的に切り替えたほうがいい。
だが建前のお金稼ぎが目的だから、
全部サルベしてから去る。

後でミッション地に戻ってきて、
サルベされてないと
ああFPK目的だなということで
ローカルチャットで騒がれたりする。

こういう細かいことが結構重要です。
カテゴリー: Highsec PK(FPK) | コメント: 0 | トラックバック: 0

ミッションでFPKer(サルベ泥棒)と遭遇した時の対象法【EVE ONLINE】

ミッションをしていると他のプレイヤーに乱入されて、
サルベ泥棒をされたり、クリアアイテムを奪われたり、
ミッションを妨害されたりすることがあります。

たとえFPKに引っかからなくても、
妨害されれば効率は落ちるし、
テンションは下がります。

元FPKer(サルベ泥棒)が効果的な対処法を教えます。

ミッションを妨害する側の視点で考えれば
おのずと対処法は見えてきます。
妨害する側の目的は、FPKであると思われます。

・対策1
一番効果的な対処法は、
ミッション地を過疎地に変更すること。
・理由
FPKに引っかかる人は非常にすくないです。
その為FPKerは数をこなして
引っかかりそうな人を探します。
過疎地ではその数をこなせない為、
FPKもいないわけです。

・対策2

どうしても都会でミッションやりたいという人向け対策。
ミッション地でFPKerが
侵入して来たら、黙々とミッションをこなす。
FPKerに対してアクションを取らない。
・理由
FPKは引っかかりそうな人を探す作業です。
見込みのない人に対していつまでも粘着はしない。
逆に、FPKerをロックしたり、ミッション進行を停止したり
しないほうが賢明。
見込み有りと思われ、粘着妨害される可能性あり。

・対策3
クリアアイテムを奪われた場合の対策。
jitaでクリアアイテムが契約で売ってるので
それを買ってクリアする。
スタンディングが下がってもいいなら
ミッションを放棄する。
・理由
クリアアイテムに執着して、
フラグを立てることだけはNG。
奪われても無反応であれば、
次回から妨害してこない。

・対策4
残骸をサルベ泥棒されてむかつく場合は、
クールダウンして残骸はあきらめましょう。
・理由
サルベ泥棒は儲かりません。
サルベしてもわずかなISKしか入ってこないので、
ISK目的でサルベをしているわけではないのです。
単なる挑発行為、クールダウンして無視しましょう。


参考になりましたでしょうか。
それでは良いミッションライフを!
カテゴリー: Highsec PK(FPK) | コメント: 0 | トラックバック: 0

マイペース

このブログはPKを全面にだしているので
そろそろPK活動始めないといけないなーと思い
FPKをちらほら再開しはじめました。
スキャナーがkm表示のそばにau表示が追加されてたりして
随分やりやすくなってるなーと感心したりしつつ
適当にPK活動するもNPCに攻撃されてFG落としたりしてます。
いやまあ、気長にやっていきましょう。
カテゴリー: Highsec PK(FPK) | コメント: 0 | トラックバック: 0

RetributionによるFPKへの影響

結構前ですが大型アップデートRetributionによって
フラグシステムが変わり
FPKに大きな影響がありました。

以前のFPKの手順は
自分に所有権のない残骸をルート(拾う)することで
シーフフラグがたち、残骸所有権を持っていたコープは合法的に
シーフフラグがある人に攻撃できるようになる
この状態で攻撃を受けると合法的に反撃できるようになる
というものを利用したPK

そしてRetribution後からは
自分に所有権のない残骸をルート(拾う)とシーフフラグがたち
すべてのプレイヤーは合法的にシーフフラグがある人に攻撃できるようになる
この状態で攻撃を受けると合法的に反撃できるようになるのは同じ
このシステムによりFPKerを返りうちすることを稼業にする人が出てくるんじゃないかと
思ったけども、そんなことはなかった。

Retributionの欠点は
1.すべてのプレイヤーから攻撃を受ける可能性があるため、
 ゲートでの待ち伏せなどがやりにくくなった。
2.カーゴトラップがやりにくくなった。
 (シーフフラグがたっている状態でものを捨てても
 すべての人が合法的に拾えるようになった為)
3.反撃権が15分から5分に短縮した
 (この変更結構痛い)
4.NPCがターゲットを変えるようになった

Retributionの利点は
1.podを攻撃できるようになった
2.神風をくらっただけでキルライトがもらえるようになった。

面倒なことは増えたけど
podを捕縛できるようになったのは
素晴らしい変更です

参考
サルベ泥棒ライフPV2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19768455
カテゴリー: Highsec PK(FPK) | コメント: 0 | トラックバック: 0

マーリンちゃんがクリアアイテムを奪うだけ!

思いつきでついカッとなって作った



カテゴリー: Highsec PK(FPK) | コメント: 2 | トラックバック: 0